ルール

■試合時間について

2 分×2R(U-12 以下は1 分 30 秒×2R) 試合のインターバルは 1分とします。
全日本選手権トーナメント決勝戦のみ3ラウンドとなります。


■試合場

試合は会場に設置したリングで行います。 予選に関してはこの限りではありません。


■使用グローブ

試合で使用するグローブは主催者が用意したものを使用します。グローブの大きさは以下の通りとします。U-12 以下は12 オンス。それ以外は14 オンスとし、一般70 k g 以上は16オンスを使用する
判定基準の優先順位 ①ダウンの有無ダ ②ダメージの有無 ③クリーンヒットの数 ④攻撃的姿勢 ⑤首相撲の優劣


■防具の装着について

装着が必要な防具
主催者が用意するもの ボクシンググローブ、ヘッドギア
各自が用意するもの ファールカップ、脛サポーター(綿・及びビニール製 )、膝サポーター(綿製)、マウスピース、バンテージ(着用に関して規制はありません)
※ヘッドギアは主催者が用意していますが、自身のヘッドギア使用も可。ただし事前に主催者の許可を必要とします(鼻までガードするものは禁止)。


■服装について

Tシャツ・キックパンツは無地でなくても良い。 また、ジムや道場名、スポンサー名の入ったものは使用可とします。Tシャツはキックパンツの中に必ず入れる事。


■勝敗について

2 ノックダウン制(ダウンカウントはゴングには救われません)
ダウンして5カウント以内に立ち上がりファイティングポーズがとれない場合は KO となります。
セコンドからタオル投入 レフェリー、ドクターによるストップ
KOもしくはTKOで勝敗が決しない場合、ジャッジ 3名による判定


■有効技について

パンチ (ストレート、フック、アッパー、バックハンドブロー)
キック (前蹴り、廻し蹴り、横蹴り、後ろ蹴り、後ろ廻し蹴り、内股への蹴り、飛び蹴り、つかみ、ひっかけ、3秒以内の首相撲からの攻撃、顔面へのヒザ蹴り、胴廻し回転蹴り、かかと落とし) ※ジュニアクラス(U-15以下)は顔面への膝蹴りは禁止


■反則技について

頭突き、ヒジ打ち、組んでからの攻撃、故意による金的攻撃、投げ技、関節技、目突き、噛みつき、倒れた相手や背後からの攻撃、
試合着やロープをつかんでの攻撃、手足をつかんで攻撃すること、ストップの合図の後の攻撃、攻防の流れを止めてしますクリンチや打ち合いを避けるための消極的な行為、主催者又は審判、相手選手及び関係者への侮辱的あるいは攻撃的言動


■膝蹴りについて

一般クラスは3秒以内の首相撲や引っかけによる(両手、片手は問いません)顔面部への膝蹴りは有効な技となります。
※ジュニアクラス(U-15以下)は顔面への膝蹴りは禁止
首相撲や掴みは攻撃に繋がるものを有効とします。相手の攻撃を避けるため、または攻防を阻害するホールディングは反則。
首相撲のみの優劣については、判定基準の優先順位に従います。


■その他

選手、セコンドは協力して 3 試合前までに試合の準備をしてください。  マウスピース・ファールカップを必ずご用意ください